お中元やお歳暮、時には父の日などにコーヒーギフトを選ぶ人も多いのですが、どういったものにするのか迷うことも少なくはありません。もちろん、好みがわかっているというのならそれをプレゼントすれば良いのですが、コーヒー好きということ以外はわからないというような場合は、コーヒーギフトを選択するためのポイントがあるので参考にすると良いでしょう。まず、コーヒーメーカーを持っているのかどうかです。コーヒーが好きな人だからと言って、必ずしも毎朝豆を挽いて飲んでいるとは限りません。

最近はよくできたインスタントも出でいるため、それで十分だという場合も多いですし、そういった人に高級な豆だから喜ぶはずだと送りつけても迷惑です。それにわざわざコーヒーメーカーなどを買わせてしまうのは申し訳ないですから、コーヒーギフトを渡すならせめてどのようにして飲んでいるのかといったことだけでも調べておきたいものです。もっとも重要と言っても差し支えがないのは味に関してです。こればかりは正確に知る方法というのはないのですが、強いて言えば、濃い味付けが好みなのか、比較的薄味のものをよく食べているのかといったことが目安になります。

前者であるなら深煎りのものを、後者なら浅煎りの豆を送ってみると良いでしょう。たくさんあった方が良いように思いがちですが、コーヒー豆にとって酸化は大敵なので、最初は少しだけ送ってみて感想を聞き、美味しかったと言われれば少しずつ増やしていくようにすると、最後まで美味しく飲んでもらえます。