科目と単元別の中学生の個別指導塾の活用法

学びたい科目と単元を自由に組みあわせることができるのが、個別指導塾の最大のセールスポイントです。そのために部活動で忙しい中学生も、個別指導塾であれば通うハードルはかなり低いです。しかも一科目でも学べるメリットを生かして、苦手な数学の指導だけを徹底的に受ける中学生も多いです。中学生が数学を苦手に感じる要因は様々ですが、特に計算方法がわからないことが大きな理由になっていることがよくあります。

また図形の証明や関数の文章題も、解くのが難しいために主体的に取り組めないことが多いです。しかし個別指導塾の先生にホワイトボードを使って説明してもらうと、計算のプロセスや文章題を解く流れも十分に理解できます。一方で英語を苦手に感じている中学生は、1年生の2学期ごろから次第に学校の授業について行けなくなっています。したがって2年生や3年生になると、更に教科書の内容がわからなくなります。

そこで塾で指導を受ける場合には、つまずいた箇所を把握する必要があります。学力診断テストと先生との面談を通じて、一人一人のニーズにマッチしたカリキュラムを構築することができます。数学や英語と比べると、国語の学力を早期に高めるのが難しい場合もあります。しかし漢字と言葉の知識を増やすと、次第に文章も正確に読めるようになります。

個別指導塾で文章読解問題の指導を徹底的に受けると、高校受験で必要な国語力も着実に身に着けることができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*