中学生個別指導塾の先生に対する評価について

中学生向けの個別指導塾はハイレベルな高校受験を希望する生徒さんが多いです。そのために、個別指導塾の先生にはそれなりの力が要求されます。教える技術は必要ですが、それ以上に生徒さんに対するやる気を作ってあげることです。優秀な生徒さんであっても、やる気がなければ絵に描いた餅と同じです。

ですからやる気の雰囲気づくりを作つてあげる能力も要求されるのです。つまり生徒へのモチベーションアップをいかにして作ってあげるかです。生生のモチベーションアップを提供できるよいになると、個別指導塾の先生に対する評価はぐんと上がります。口コミでも評価される時代ですから先生そのものを評価することと同じです。

それなりの対価としての給料をもらうわけですからかなりのストレスを強いられるでしょう。もし自分の評価が下がると、生徒さんは入ってこなくなるため命取りになります。そのような事態に陥ることも覚悟したほうがいいかもしれません。中学生は画期盛んな年ごろです。

少しでも不安があると気分が不安定になって塾に来なかったり、非行に入ったりしますから、中学生の心理状況を常日頃から把握しておく必要があります。生徒の心を読み取る力も必要とされます。先生と生徒の一対一の授業が個別指導塾ですから、生徒さんに対する結果が良くでるように努めることが大切です。合格を目指すことが一番であり、かつ人間としても生き方を教えることも重要であると考えます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*