個別指導塾で中学生が得意な単元を増やすために

個別指導塾を利用して中学生が得意な単元を増やすためには、まずは苦手意識を克服することから始めます。苦手意識が強いと、簡単な問題でも解くことに抵抗を感じたり、分かるはずの問題が分からないと感じることがあります。そのために何をしたら良いのかというと、それぞれの中学生のレベルに合わせたテキストを取り入れて、とても簡単ですぐに解けるようなレベルから始めることが大切です。また、克服する単元は一度に2つ程度に絞り、欲張らないことも秘訣です。

欲張ると習得できるまでの時間が長く感じたり、色々な方向に思考が散らばるためにうまくいきません。基礎学力を身につけるテキストを取り入れる時には、使う中学生が納得のいくものを選ぶのですが、迷ったら個別指導塾で相談できます。担当講師に相談すると、ちょうど良いレベルのものを教えてくれるはずです。それを取り組んで問題なく理解できているという自信がついたら、少し難易度の高いものに変えて同じように解くことを繰り返します。

基礎テキストは簡単すぎると思うこともありますが、苦手な単元はそれくらいがちょうど良く、できたと感じる機会を増やすことが大事です。夏休みや冬休みといったまとまった時間を作れる長期休みには、個別指導塾でも様々な指導が行われます。その一環として過去の復習を徹底することがありますが、苦手を克服するチャンスでもあります。長期休みなら、時間に追われることなく、じっくりと解けるのでお勧めです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*