学習環境の影響を受けやすい中学生は個別指導塾で学ぶ

中学生が志望校の合格を勝ち取るには、現在の学力に合った勉強をしていくことが重要になります。そして学力に合った勉強をしていくうえで、必要となるのが個別指導塾です。たとえば国語が苦手な中学生がいるとします。その生徒は現代文の正解率が高くても、古文と漢文でつまずいているかもしれないのです。

この場合、集団指導塾で学んでいると、国語の苦手意識は解消されるでしょうか。このケースでは、現代文に費やす時間を減らして古文と漢文を集中的に伸ばしていくことが必要になります。個別指導塾では生徒ごとのニーズに合わせることができるため、苦手分野を短期集中で克服することが可能になるのです。また個別指導塾では、講師が中学生のコンサルタントとしての役割を果たすこともできます。

これは生徒との距離が遠い集団指導塾では、あまり叶えられないことなのです。中学生は環境に左右されやすい年代であるため、講師と顔なじみになることは大事な要素だといえます。顔なじみになるからこそ、生徒はちょっとした質問を気兼ねなくすることができますし、講師のほうも生徒の表情を読み取りながら教え方を順応させていくことができるのです。さらに個別指導塾では他の中学生の視線を感じることがないため、リラックスしながら授業を受けることができます。

リラックスして脳内にアルファー波を発生させながら勉強をしてこそ集中力が身についていくのです。この集中力は、受験本番で必ず必要になります。個別指導塾は常に自分が主役になれる環境だといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*