手土産を持っていく機会というのは、年間通してみると、かなりの回数になりませんか。お呼ばれやご挨拶など、様々なシーンがありますが、そうした折に持っていく手土産としては、スイーツギフトが多いのではないでしょうか。和菓子や洋菓子の詰め合わせは、比較的誰にでも喜ばれますし、あまり堅苦しくないのも良いですね。特に、訪問先にお子さんがいらっしゃる場合は、こうしたスイーツのギフトセットのような品は歓迎されることでしょう。

こうした手土産を持参するときにも、気遣いと共にありたいものです。訪問先で、一緒にお茶をしながら持参したお菓子を食べる、というようなシチュエーションなら、その日のうちに食べてしまわないといけないような生菓子でも構わないでしょう。しかし、すぐに開封するか分からないこともありますし、量によっては早くに消費されないこともあり得ますね。ですから、ある程度日持ちのするものを選ぶ方が無難です。

また、切り分ける手間のいらない個包装のものも、適しています。個包装ならば、一旦開封してしまった後に、湿気や乾燥を気にすることも少ないです。また、こうした手土産を渡すときのセリフについても、気にした方がいいこともあります。例えば、少し改まった訪問の際、「つまらないものですが…。

」と言って手渡すことがよくありますが、つまらないという謙虚な言い方よりも、「心ばかりの品でございますが。」とか、「お口に合いますでしょうか。」などの方が、ネガティブな感じが少ないです。手土産にスイーツギフトというのは、概ね気軽な感のあるものですが、ちょっとした気配りを忘れないことが大事かと思います。