ノベルティは従来は非常に高額なものが配布された時期もあり、そのために多くの顧客がこれをもらうために展示会や説明会などにこぞって出かけていたと言う時期もありました。しかし近年では多くの企業がノベルティの内容を非常に吟味しており、またその配布先も絞り込んでいる傾向が強くなっており、昔に比べてお金を使わなくなったと言うイメージを持つ人も少なくありません、しかしこれは単に世の中が不景気であると言うだけではなく、より多くの企業でビジネス戦略が高度になり効率よくノベルティを利用しようとする風潮が高まったことによると考えられる面も多くなっています。単純に展示会でより多くの集客をしただけではこれが利益につながるものとはならないことがわかっており、より成約の可能性の高い顧客のみを集めることに注力する企業が増えてきたことによるものです。ノベルティはその選び方や利用の仕方によっては、顧客の商品やサービスに対する興味を強く引きつけ、またチャンスを広げてくれると言う効果を持っています。

しかし単純に闇雲に配布するだけではこれに対しての費用がかかりすぎて効率的ではないこともわかっているため、有効に利用するためにその絞り込みが非常に重要なポイントとなります。従来のように無差別に配布しチャンスを得ようとするのではなく、顧客ターゲットを絞り込んで集中的に契約を狙うものへと変化しているのが実態です。ノベルティはこの成果を導くために非常に重要なものであり、そのために有効なものを選ぶ傾向が強くなっているのが実態で、これがビジネスにも大きな変化をもたらしているのが現状です。