ノベルティというと、不特定多数の人にどんどん配布して、企業や製品を広く認知してもらうためのものだと認識している人が多いのではないでしょうか。たしかにそのような使い方が多いですが、ノベルティの使い道はそれだけではありません。既存の顧客に配布することで、彼らを自社の顧客としてつなぎとめる効果も期待できます。一般的にいって、新規顧客を獲得するよりも既存顧客をつなぎとめる方がコストが少なく済み、利益率が上がると言われています。

これはちょっと考えてみればわかることでしょう。新規の顧客を獲得するというのは容易なことではありません。新しい顧客を獲得するためには、膨大な労力がかかってしまいます。一方、すでに顧客になってもらっている人は、すでに自社のサービス・商品に好意を持ってくれているわけですから、商品・サービスを購入してもらうのは比較的簡単です。

そのため既存顧客を大事にすることはとても大事です。既存顧客といえども、いつ心変わりして他社のサービス・製品に乗り換えるか分かりません。ノベルティを配布することで、そのような事態になるリスクを低下させることができます。既存顧客向けに配布するノベルティは、不特定多数の人に配るものよりも、少し豪華なものにするといいかもしれません。

もちろん実用性重視でなければいけませんが、ちょっとワンランク上の品質のものを配布すると、既存顧客は自分がお客として大事にされているのだと認識するので、ずっと顧客でいてくれる可能性が高くなります。