新入社員の多くが最初に営業関連の部署に配属されますが、見習の段階でも先輩社員と一緒に取引先を訪れることが多いです。また訪問先では名刺やノベルティの手渡し方を学び、セールスのノウハウを身に着けることが大きな課題です。そして一人で取引先を訪問する場合には、主体的にノベルティの品物選びもするようになるのが一般的です。とりわけ新人の営業マンに適しているのは、ボールペンやメモ用紙などの定番のアイテムです。

定番のアイテムをお得に購入したいときには、小ロットでも気軽に注文できるノベルティのネット通販が役立ちます。売れ筋の商品も常時購入することが可能であり、企業名をオプションで印刷してもらうことも可能です。事務用品の単価は割安なので、予算が限られている新人の営業マンも気軽に買うことができます。しかし実務経験を積んで営業のスキルを身に着けた場合には、取引先の担当者に合わせてアイテムを選ぶ方法もあります。

取引金額や実績で商品を変えることも重要ですが、相手の好みを合わせて慎重にアイテムを選ぶ姿勢も求められます。カレンダー付の手帳は実用性が高く、企業や商品を宣伝したいときにも役立ちます。入社当初は限られた固定客を訪問するだけであっても、次第に飛び込み営業を積極的に行って実績を高めたいと考えるようになります。飛び込み営業をするときには、大きなロゴの入ったインパクトの強いノベルティを名刺と共に手渡すのが賢い方法です。