一般的なノベルティグッズではなく、インパクトのある物を作ってターゲット層に訴求したいという考えの場合、個性的なノベルティグッズを作っている企業に依頼をするといいでしょう。インターネットでは多数のグッズ制作会社が存在していますが、個性的なグッズのみを取り扱っている企業も多数存在しています。どんなグッズを制作できるのか確認し、企業が求めているものを作っていると判断できたら、依頼することで希望通りの物を手に入れやすいです。どんな物が求められているのかを確認する方法としては、ある程度リサーチをしたほうがいいといわれています。

ターゲット層が何を求めているのか、どれくらいの価格の物であれば負担に感じずに受け取ってもらえるのかなどを確認してから製作することが望ましいです。子供がいる親子向けであれば子供のおもちゃなどをはじめ、子供が関心を抱きそうなものを作ることも必要となります。年齢層によっては、デジタルグッズに関連したグッズを求めることも少なくありません。スマホカバーや充電用のスタンド、モバイルスピーカーなどを求める声は多いです。

特にスマートフォンを積極的に活用する世代であればあるほど、スマホグッズを求める人が増えています。訴求するアイテムとしても利便性が高く、使ってもらえる可能性が高い為、製作するポイントとしてください。地球環境に関心のある人をターゲットにしている人向けに、企業の多くがエコバッグを作っています。一味違うものを作りたいと思っているなら、持ち歩き出来るストローや、何度も繰り返し温めて使えるカイロなどをノベルティとして用意すると、手に取ってもらえる可能性が高いです。