手相で仕事運の見方とは

手相で仕事運はどこにあるかというと、小指側の感情線のすぐ下にある線の事です。

自分で手をチェックしてみると分かりますが、この線は全ての人にあるものではありません。特に仕事が大好きで、人生全てを仕事に捧げたいというような人に、この線は出てくる事が多いです。しかし仕事線が全くないからと言って、仕事が出来ないとか良い仕事に恵まれないとかいう事ではないので、落ち込む心配はありません。では具体的に手相の仕事運について詳しく見て行きましょう。まず仕事線が運命線を突き抜けている人は、仕事熱心を超えて少し働きすぎ気味になっています。

仕事量が多すぎたり悩み事が多く、余裕が持てなくなっている状況なので注意が必要です。しかしこうした状況に自分では気づいていない事も多いので、体を壊す前に休みを取ったり、他人に頼ったり、仕事量を減らすようにすると良いです。また線がつながっておらず、途切れ途切れになっている場合は、仕事でどんなに頑張っても良い結果が中々出ない事を表しています。その為たとえ懸命に働いても、報われる事も少ない為、この線を持っている人はマイペースで仕事をして、体を壊さないように健康第一で働くようにすると良いです。

それから仕事運の線が短い人は、好きな仕事にストレスを感じる事無く打ち込む事が出来るタイプなので、この線がある人は思い切って自分の好きな仕事に飛び込んでいくと良いです。あと仕事運の線がない人もいます。この場合は仕事に生きがいを感じるというよりは、生きていく為に働いているんだと割り切っている人が多いです。この線がない人は、無理に働いてもストレスで体を壊す恐れもあるので、なるべく仕事にやりがいを求めるよりも趣味等プライベートを充実させるとより良い人生を送る事が出来ます。このように手相で仕事運を見れば、自分がどういうスタンスで働けばよいかが分かるので、1度チェックしてみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *