手相の知能線はどんな事が分かるのか

手相においての知能線は頭脳線とも呼ばれており、ここを見る事でそれぞれの能力や適性などが判断できるとされています。

この線を参考にする事で自分がどのような仕事が向いているのかなどが把握できますので、ライフスタイルの充実にも繋がっていくでしょう。知能線は種類や線のバリエーションが豊かな面もあり、色々な知識や経験を吸収していく中で変化していく事も特徴です。知能線は人差し指と親指の間にある線で、手のひらを横断するようになっている線です。長さや伸び方などでその方の集中力や創造性などが読み取れ、総合的な知能面を占う事ができます。手相的に見て手のひらの上半分にこの線があると、現実的な志向で堅実性が高い傾向が見受けられます。

一方で手のひらの下半分に線がある方は、非現実を求める傾向が強く、夢や理想を持って追いかけるケースがあるとされます。手相は人それぞれの種類がありますが、知能線は線が1本というのが一般的です。しかしまれに線が2本ある方がいらっしゃいますが、このケースは能力や創造性が他よりも大きく優れていると言えるでしょう。

芸術家の方や研究者に見られる事もあり、高度な集中力や記憶力、高い独創性などが表現できるのが特徴です。一方で知能線が極端に短いという場合もありますが、このケースは考える事が得意ではなく、直感的に行動を進める傾向もあるとされます。これはメリットとなる部分もあり、積極性や決断力が高く、切り替えが早いという個性としても表現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *