仕事運を占うには手相のどの線をみたら良いか

占いをする際に、「恋愛運」「仕事運」「健康運」などその時の悩みに応じて様々ですね。

手相には色々な線がありますが、「仕事運」を占いたい場合はどの線をみていったら良いのでしょうか。手相占いでは一本の線を見るのではなく手相全体を見るのがベストですが、まず、最初に見ていきたいのが「運命線」です。運命線は無い人もいるのですが、中指に向かって下から伸びる線です。線の太さや濃さ、線の始まりが親指側か、小指側かあるいは手首付近から真っすぐに伸びているのかによって細かく意味合いも違ってきます。

でも総合して言えることは濃いしっかりした運命線を持っている人は仕事運が良くて、本人のやる気も満ちている状態と言えます。先程、運命線の出発点によって多少意味合いが違ってくる事を述べましたが、金星丘(親指側)から伸びる運命線を持っている人は、家族や血縁者などの援助を得て仕事が成功するタイプです。家業を継ぐ人もこのタイプと言えるでしょう。また、月丘(小指側)から伸びている人は人間的な魅力がある為、他人が力になってくれます。また、直観力が優れ、ひらめきを仕事に生かしていくことが出来るので、商品を開発する人などこの手相を持っている人が多いです。

もう一つ、手首付近から真っすぐ中指に向かって伸びている運命線を持つ人もいます。このタイプは誰にも頼らず、自分自身の努力によって運命を切り開いていくタイプです。運命線は仕事運を見るのに勿論重要な線ですが、他の線とのバランスや全体で占っていく事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *