手相の知能線について解説します

手相にはさまざまなものがありますが、知能線といってその人の頭脳の良し悪しを表している少し変わった手相があります。

人の知能は、長い人生を生きていく上でさまざまな恩恵を与えてくれますので頭脳が明晰であるに越した事はありません。知能線が長い人は、物事をじっくりと考えることができるタイプの人です。したがって、何かを決断する時に判断を誤る可能性が極めて低い事が特徴です。逆に、知能線が短い人は落ち着いて考える事ができずに、すぐに結論を急いでしまいます。

判断がうまくいけば非常にスムーズに事が運びますが、その反面間違う可能性も高く、手痛い目を見る事が多い人生と言えます。少し変わった手相に、知能さんが先で二股になっているライター型と呼ばれているものがあります。これは、文才と企画力のいずれにも優れており、新聞やテレビなどのマスメディアで特に重宝される能力と言えます。このような人は社交性も高い傾向があるため、幼いころからとても目立つ存在であることが多いです。

知能線が手首の方にまで垂れ下がっている手相を持っている人は、芸術の才能が極めて優れています。このような人は普通科やサラリーマンの道を選ぶのではなく、早い段階から芸術の道へと進んでいけば大きく花開く可能性があります。このような人は周りの理解があるかどうかで人生が大きく異なってきますので、是非自分の手相を信じて周りの人を大いに説得されればよいかと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *