手相占いで知能線を見る方法

手相占いで知能線は、基本大3線と呼ばれるベースとなる線のひとつです。

知性全般に関して占うことができます。線がどれだけはっきりしているかという明瞭さや、起点の状態、線がのびる方向や本数などから思考の傾向を知ることが可能です。頭に関する病気なども暗示されていると言われています。知能線は、人差し指と親指の間から、斜め下に向かって手のひらを二分するようにのびる線のことです。始点の位置で行動パターンがわかり、線の長さで決断の早さがわかるとされています。始点は生命線と同じ場合が多く、二つの線の距離が近ければ近いほど慎重な性格だと言えます。

間が離れている人は、大胆なタイプでしょう。知能線が手のひらの上半分よりを横切っている場合は現実派、下半分よりだと夢や理想に影響されやすいことを暗示しています。手相では、濃くて太い線はエネルギーが強く、運勢が良いことを表します。知能線も、濃くて太い線は賢くて常に頭を働かしている人に見られます。

長さよりも、太さや本数で頭の賢さを知ることが可能です。長さが長い場合は、物事をじっくり考えるタイプ、短い場合は決断の早いタイプと占います。二本など複数ある場合は「二重知能線」と呼び、人の2倍の知性を持っていると占われ、IQの高い人に多い手相です。稀に、感情線と一体化している「マスカケ相」と呼ばれる珍しい手相があります。カリスマ性のある大物になれる素質を持っていると言われており、成功者が持つ割合の高い手相です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *