Skip to content

ラッピングをほどこした営業車ならば

一般的に広告といえば、昔からおなじみのテレビやラジオ、雑誌などのメディアを利用したものや、看板などが主流でした。

しかし最近ではインターネットバナーなどの広告も増加していますが、これらの広告の場合、あくまでその場のみの広告となります。それに対して移動が可能な広告も存在しており、それこそが乗り物を利用した広告で、航空機や電車、バスや自動車などのさまざまな乗り物の車体ボディに広告を施すという宣伝方法です。もっとも航空機や電車の場合は移動箇所が限られているので、いくら車体ボディの広告スペースが大きくても、その広告を目にする人もある程度は限られてきます。

しかしながら自動車の場合は移動距離や範囲も広く、自由に設定することも可能です。さらに営業車ならば自社に停車しているだけでも目立ちますし、営業先に移動するだけでなく社員に通勤で利用することも許可されているケースなどもあるので、それならばすれ違う他の車両や人々など、より多くの人たちの目に広告が入るので大変効率的です。ただしそんな営業車による広告も、塗装で広告を施すとなると、それなりの手間も時間も必要となります。

しかも風雨などの劣化によるダメージのリスク高くてコストもそれなりにかかるため、いくら営業車を利用するといっても、あまり効率的とは言い難い部分もありました。けれども最近では塗装に代わってラッピングの技術が確立したことで、塗装のデメリットを克服しています。ラッピングは専用シートにコンピューターで広告を施し、それで車体ボディを包むだけなので、塗装よりも簡単ですしコストも抑えることが可能です。よってラッピング車両には熱い視線が注がれ、注目度も高くなってきています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *