中学生向けの個別指導塾でモチベーションアップ

塾に通う中学生の多くは志望する高校受験のためが多いです。特に一対一の授業方法である個別指導塾はハイレベルな高校を目指すために入る生徒さんが殆どであります。一対一の授業方法ということで月謝が高いですので裕福層の生徒さんが多いのも特徴的です。子どもが志望校に合格するのであればお金を惜しまないといった心理的なものです。

個別指導塾の先生にとってはそれなりのストレスを抱えます。自分に対しての教えの責任があるからです。教える技術も大切ですが、それ以上に要求されることは生徒さんが勉学に励むためのモチベーションアップにつながるかです。折角優秀な生徒さんを受け入れたとしても、やる気がなければ絵に描いた餅になってしまいます。

生徒さんをどのようにモチベーションアップするかにかかります。生徒さんの心境を把握してうえで指導に取り組む必要があります。そのためのモチベーションアップ能力を身につけておいたほうがいいのです。個別指導塾における中学生の心理を汲み取ることが任務であると考えます。

先生方の教える技術は団栗の背比べですから、残された方法として中学生に対する心理の読み取りになるのです。中学生の心境は複雑ですから、ちょっとのことで気分が不安的になりやすいものです。その気分や心理を理解できる先生が優秀だと言っても過言ではないです。勉学に励む生徒さんに、先生はその分の報酬を得ているわけですから、対価に相当する結果を出す必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*