個別指導塾に向いている中学生のタイプ

中学生になると本格的に高校受験に向けて、学習塾に通い始める人が増える時期だといわれています。しかし学習塾は数も指導スタイルもそれぞれ異なるので、どの学習塾に入れるべきか情報を集めている親御さんも少なくありません。一般的に個別指導塾に通うべき中学生のタイプとして挙げられるのが、コツコツ自分のペースで目標に向かって努力することができるタイプであることです。苦手な部分を少しずつ克服していき、最終目標である高校受験の合格へ結びつけたいと考えている中学生にとって、個別指導塾は理想的な勉強環境と言えます。

他にも集団授業では中々意見を言うことができず、萎縮しがちな中学生もマンツーマンで指導が受けられるこの学習スタイルは非常に向いています。集団授業では、ついわからないところがあってもその場ですぐに確認しに行くことができないことも多く、分からない部分をそのまま放置してしまっては苦手なことがどんどん増えてしまいます。しかし個別指導塾なら、生徒が問題を解いていくところを講師がしっかりチェックするので、生徒が躓いてしまう部分は繰り返しわかりやすく説明をしてくれますし、苦手な部分を補う専用のカリキュラムを用意することで、苦手な部分を1つずつ潰していき周りの目を気にすることなく集中して勉強を行うことができます。反対に回りにライバルがいたほうがやる気が出るという場合や、競争心の強い中学生には個別指導を受けるより集団指導のほうが向いている可能性があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*