個別指導塾に中学生が通う場合の主な流れ

中学生が個別指導塾に通うことになったら、まずはどのようなカリキュラムにするのかを話し合います。入塾する時に塾側の方針ややり方が伝えられ、利用する側も目的や要望を伝えます。その内容を踏まえてどのようなカリキュラムにするのかを決めるのですが、中学生自身が納得のできる内容でないと意味がありませんので、話し合いには積極的に参加することが大切です。大体のことが決まったら、個別指導塾が大まかなスケジュールを立ててくれます。

もちろんスケジュール通りにはいかないこともありますが、その都度修正したり変更を考慮した上でスケジュールをし直してくれるので安心です。授業を受ける時には積極的に質問することが大切です。質問することで疑問に思っていることをより具体的にできますし、講師も何が分からないのかを把握できます。授業の終わりに課題が出されることも多いのですが、出されたものは次回までに必ずやっておく必要があります。

それにより中学生の習熟度を高めたり、復習の機会を用意しているのです。個別指導塾では冬休みや夏休み中のカリキュラムも用意しています。その間は復習をメインで行うことになりますが、重点的に行われるのが公開テスト等で躓いた部分です。公開テストでは単元ごとの正答率が出ており、正答率の高い問題を間違えていたら基礎的な部分ができていない恐れがあります。

分析結果も踏まえて今後の学習に役立てる必要があり、内容を決定する時にもテストの結果が重要です。中学生の個別指導塾のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*