日本人は、昔からお世話になるとギフトを贈ることでお礼の気持ちを表現していました。それは、現代社会でも同じようにいい習慣として残されています。代表的なのが、1年に2回ギフトを贈るお中元とお歳暮です。それ以外にも、お祝い事やお見舞いなどその都度ギフトをしていきます。

そして、頂いた側もやはりそのお返しとしてギフトをしています。このように、受け取るだけではなく、その後にそのお礼としてお返しをするのは日本人の伝統の一つです。物を贈り合うことで、お互いの絆を深めていくことができます。ほんの小さなギフトでも、頂く側からは嬉しいものです。

自分のことを、相手が思い考えて選択をしてくれているからです。この場合は、その物の金額のことは関係ありません。大切なことは、その相手が自分に向けてくれる、温かい気持ちが嬉しいのです。こんな風に、触れ合うことでおつきあいを、上手くしてきたのが日本人になります。

贈る側も、相手の喜ぶ顔が見たいから、それを頭に浮かべて贈るものを選択していきます。何も言わなくても、気持ちが通じるのが日本古来の阿吽の呼吸です。それが、凝縮しているのがこの贈る文化にはあります。人が笑顔になるのを、見ることはこちらも笑顔になれる時です。

暮らしの中で上手く活用して、人との絆を深めたいものです。そして、この伝統である文化を次の世代にも伝えていくことが大切になります。相手を思いやる心は、一番いいことです。