仕事運のよい手相の見方とは

働いている人が気になるのが、仕事の運勢ではないでしょうか。

手相では、仕事で成功するかどうか、どんな仕事に向いているのかなどの仕事運を読み解くことができます。自分が今の仕事に向いているのか疑問を感じている人や、進路に悩んでいる人、働いていて悩みが浮上している人などは、手相をチェックしてみましょう。.手相で仕事運を見る場合、まずポイントになるのが「運命線」です。手首側を起点と見て、どこからスタートしていても中指に向かってのびている線は、すべて運命線と見ます。この掌線が濃くてはっきりしている場合は、エネルギーが強く、仕事運が良いと解釈することが可能です。

特に手首から中指まで一直線にのびるケースは、「天下筋」とも呼ばれる珍しい手相です。天下を取れるほどの仕事運に恵まれていることを暗示しており、社会の中で認められやすいといえます。運命線は、誰にでもある線ではありません。後年表れてくる可能性も高いので、いまできる努力を続けていきましょう。.仕事運が良いと言われる手相は、勢いのある運命線以外にも何パターンか存在します。

まず、「先端が二股に分かれた感情線」です。誠実でどのような環境でも周囲と上手にコミュニケーションを取れる真面目な人が多く、周りの信頼を得てどんどん仕事の能力が上がる人を表しています。また、薬指の付け根に向かってのびる「太陽線」を持つ人は人気者です。成功や魅力を表す線で、この線を持っている人と一緒に仕事をするといいことが起こりやすいと言われるほど、周りの人を引きつけるエネルギーがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *