Skip to content

営業車のラッピングで得られる効果

観光案内やイベントの案内広告を載せたバスやトラックなどを街中でよく見かけます。

これは、車を宣伝材料に変えてしまう発想であり、高い宣伝効果があると言われています。この発想は観光バスやトラック以外での応用が可能で、主に営業車の有効的な使い方として採用され、イベントやキャンペーンなどの宣伝に効果を発揮しています。営業先や納入先までの移動目的であった営業車は、自社のロゴを入れたり商品名を入れるカーラッピングをすることで、時間と道のりを宣伝時間に変えることが可能となります。

営業車両は常に街中を走り回っていますので、ラッピングをする事で移動手段から人の目に触れる広告塔に変わります。これはテレビCMや雑誌に高い費用を掛ける従来の宣伝とは異なり、自社所有の車両を活用すれば、最初の費用以外は広告費用が全く掛からないメリットが生まれます。また、営業車であれば、限定された場所と時間で自社や自社商品を最大限にアピールすることが可能で、新規のお客様だけでなく既存の取引先にもPR効果が高まります。

ラッピングされたきれいな営業車両が取引先に来訪することで、それを見た他の社員にもPRが必然的に可能になります。また、新車を購入するよりも安くイメージ変更することが可能になります。カーラッピングは年数が経過して古くなった車両でも、ラッピングすることで見た目を新車のように蘇らせることが可能です。傷がついてたり色がくすんでたりしても心配は無く、エンジンのメンテナンスさえ行っていただければ新車を購入するよりもコストが抑えられ、宣伝効果も得られるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *