Skip to content

営業車と工夫されたラッピングの活用

訪問販売を行う会社の営業用の車両は、行動範囲も広くたくさんの人の目に触れる可能性が高くなります。

身近な地域だけでなく、広範囲に移動する営業車はラッピングをするだけで効果的な販促を行うことが可能になります。営業用の車両には一般的に大なり小なりの会社名が入っており、名前から業務内容を把握することもできるので、広告宣伝としての視認性は上がります。地域によっては人通りの多い場所もあり、たくさんの人が自社の名前や商品名を目にすることになります。

車両全体を広告で埋め尽くすこともできるので、営業車のラッピングはターゲットにする顧客層へのインパクトを与えることも可能です。現在では様々な端末でインターネットを利用することができます。車両の広告にサイトのアドレスやキーワードを含めるだけで、関心のある顧客は自分から情報収集に動きます。車両の広告は動いているという時間が限られている状況と、欲しい情報を得ようとする行動が次のステップにつながる可能性を生むことになります。

営業用の車両の広告は宣伝やアピール以外にも、いつも目に付く安心感があります。防犯やセキュリティ上の対策の上で、営業車に施工するラッピングの内容を少し変えるだけで、一般の人の防犯や防災などに対する注意を喚起することも可能になります。時期によって火の用心や交通安全などの言葉を入れるだけで、地域社会に根差した貢献を行っている会社であることをアピールできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *